わゑびすとは - 男の着物 わゑびす 着物をきたいけど・・・

『どう着たら良いか分からない』
『何を揃えたら良いか分からない』
『しきたりが多くて面倒くさそう』
『値段が高くて手が出ない』

そんな悩みを解消し、男性にも(もちろん女性にも)

・洋服のように気軽に着られて
・手入れもしやすく
・お洒落でカッコイイ

『普段から着られるきもの』の提案をしている、新しい時代のキモノ屋です。

わゑびすの店名は、創業当時の地渋谷区恵比寿から頂いた『ゑびす』と、皆様と楽しく着物の『輪(和)』を広げて行きたいという願いの『わ』を組み合わせたものです。


わゑびす年表
2013年2月
東京 新宿御苑に『男の着物 わゑびす』オープン

2012年6月
六本木・東京ミッドタウン ガレリア3階、ジカバー・ニッポン内に
わゑびす by たんす屋『きものOLD&NEW 六本木ミッドタウン店』を開店

2010年9月
武蔵小山へ移転 都内で一番長いアーケードと言われるパルム商店街に出店

2009年秋
良質な昔生地を使ってリメイクの男着物、角帯を作る

2009年2月
わゑびすbyたんす屋として港区六本木にて再オープン

2007年4月
似不のカジュアルブランドとしてわゑびすを設立
木綿、麻の出来上がり着物を中心に今までの和服に無い多彩な色、柄の着物を展開

2005年夏
わゑびすの前身となる、男の着物屋似不(ニーブ)として渋谷区恵比寿にて開業
着物をもっと身近に普段着にと、新潟の片貝木綿でロール状の角帯を開発
今までの男物には無い色とりどりの角帯で一世を風靡!?